• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉田定房の解説 - 小学館 大辞泉

[1274~1338]鎌倉後期・南北朝時代の公卿。後宇多天皇後醍醐天皇の信任が厚く、また、幕府とも親しく、元弘の変では事前に通報し、その後も南朝北朝の間を出入りした。北畠親房藤原宣房とともに「後 (のち) の三房」と称された。日記「吉槐記」がある。