• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉沢義則の解説 - 小学館 大辞泉

[1876~1954]国語学者・国文学者・歌人。愛知の生まれ。東大卒。京大教授。古訓点・平安朝文学などを研究。書家としても知られ、また、短歌雑誌「帚木 (ははきぎ) 」を主宰。著「国語史概説」「対校源氏物語新釈」、歌集「山なみ集」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉