• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

名古屋玄医の解説 - 小学館 大辞泉

[1628~1696]江戸前期の医師。京都の人。字 (あざな) は閲甫・富潤。号、宜春庵・丹水子・桐渓。古医方説を唱えた。著「医方問余」など。