• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

喜多川歌麿の解説 - 小学館 大辞泉

[1753~1806]江戸後期の浮世絵師。喜多川派の祖。本姓、北川。初めの号は豊章。独自の美人画、特に大首絵 (おおくびえ) を創案、女性の官能的な美を描き出した。狂歌絵本・肉筆画も制作。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉