• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

土佐光信の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1522ころ]室町後期の画家。宮廷の絵所預、幕府の御用絵師をも務め、将監さらには刑部大輔に任じられ、画家として最高の地位をきわめて土佐派の画系を確立。絵巻・肖像画・仏画から工芸品の下絵まで幅広く活躍。作「清水寺縁起絵巻」など。