大原重徳の解説 - 小学館 大辞泉

[1801~1879]江戸末期の公卿。尊王論を唱え、安政の大獄に連座。幕政改革に尽力。維新後は参与。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉