• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大賀典雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1930~2011]実業家・音楽家。静岡の生まれ。ベルリン国立芸術大学を卒業後、東京通信工業(現ソニー)に入社。コンパクトディスクの開発などにたずさわり、社長、会長、取締役会議長、名誉会長を歴任。音楽家としては東京フィルハーモニー交響楽団の会長を務めるなどし、カラヤンと親交があった。

大賀典雄の解説 - SOCKETS人物データベース

声楽家にして「SONY」ブランドを確立した立役者。ハードウェアとソフトウェアの融合をスマートに成し遂げて様々なビジネスの種を残した。
出生地
静岡県沼津市千本松原
生年月日
1930年1月29日 みずがめ座
没年月日
2011年4月23日(享年81歳)

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽家]カテゴリの言葉