• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太田錦城の解説 - 小学館 大辞泉

[1765~1825]江戸後期の儒学者。加賀の人。名は元貞。姓は「大田」とも。門弟に教えながら独学し、折衷学派を大成。晩年、加賀前田侯に出仕。著「論語大疏」「九経談」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉