• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小山清の解説 - 小学館 大辞泉

[1911~1965]小説家。東京の生まれ。太宰治に師事。庶民の生活を描く短編小説を中心に執筆。太宰を回想する随筆も残した。作「落穂拾ひ」「朴歯 (ほおば) の下駄」など。

小山清の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府(現・東京都)
生年月日
1911年10月4日 てんびん座
没年月日
1965年3月6日(享年53歳)