• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小山田与清の解説 - 小学館 大辞泉

[1783~1847]江戸後期の国学者。武蔵の人。一時、高田姓を名のる。号は松屋 (まつのや) 。村田春海 (むらたはるみ) に師事、故実考証の学に通じた。「八洲文藻」を撰し、著書に「松屋筆記」がある。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉