• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小栗宗湛の解説 - 小学館 大辞泉

[1413~1481]室町中期の画家。俗姓を小栗、出家して法名を宗湛という。相国寺に入って、画僧周文に学ぶ。足利 (あしかが) 将軍家に仕え、幕府御用絵師となる。漢画の正統を受け継ぐ穏健な作風。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉