周文の解説 - 小学館 大辞泉

室町中期の画僧。字 (あざな) は天章。号、越渓。相国寺の僧で、のち室町幕府の御用絵師となる。生没年未詳。詩画軸の形式および日本水墨画の様式の確立に大きな役割を果たし、雪舟宗湛らはその弟子。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉