雪舟の解説 - 小学館 大辞泉

[1420~1506]室町後期の画僧。備中の人。諱 (いみな) は等楊 (とうよう) 。京都の相国寺に入り、画技を周文に学んだ。山口に画房、雲谷庵 (うんこくあん) を開設。渡明を挟んで宋元画を広く学び、のち大分に天開図画楼 (てんかいとがろう) を開設。自然に対する深い観照のもとに個性豊かな水墨山水画様式を完成し、後世に多大な影響を与えた。作「天橋立図」「山水長巻」など。

出典:青空文庫

出典:gooニュース