• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小野忠明の解説 - 小学館 大辞泉

[1565~1628]江戸初期の剣客。安房 (あわ) の人。通称、次郎右衛門。前名、神子上典膳 (みこがみてんぜん) 。小野派一刀流の祖。伊藤一刀斎に剣術を学び、秘伝を伝授され、徳川秀忠に仕えた。