小野小町の解説 - 小学館 大辞泉

平安前期の女流歌人。六歌仙三十六歌仙の一人。仁明 (にんみょう) 文徳 (もんとく) 両天皇の後宮に仕えた。美貌 (びぼう) の歌人といわれ、多くの伝説があり、謡曲・歌舞伎の題材となっている。家集に「小町集」がある。生没年未詳。

出典:青空文庫