小野好古の解説 - 小学館 大辞泉

[884~968]平安中期の武人・歌人。道風の兄。藤原純友 (ふじわらのすみとも) の乱に、追捕使 (ついぶし) として、これを鎮定。歌は後撰集拾遺集に収載。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉