山川均の解説 - 小学館 大辞泉

[1880~1958]社会主義者。岡山の生まれ。同志社中退後、社会主義運動に接近、赤旗事件で投獄。大正11年(1922)に日本共産党準備会に参加。山川イズムと呼ばれる「無産階級運動の方向転換」を発表するが、党が創設されると大衆運動との乖離 (かいり) を批判し距離を置いた。昭和2年(1927)には雑誌「労農」を創刊。第二次大戦後は、日本社会党左派を思想的に指導、昭和26年(1951)に大内兵衛らと社会主義協会を結成。