• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岡松和夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1931~2012]小説家。福岡の生まれ。学生時代は政治運動に参加。「志賀島 (しかのしま) 」で芥川賞受賞。体験や見聞に基づく作品が多い。他に「」「異郷の歌」「峠の棲家 (すみか) 」など。

岡松和夫の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
福岡県福岡市
生年月日
1931年6月23日 かに座
没年月日
2012年1月21日(享年80歳)

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉