• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岩見重太郎の解説 - 小学館 大辞泉

安土桃山時代の伝説的剣豪。初めは小早川家に、のち秀吉に仕え、薄田隼人 (すすきだはやと) と名のり、大坂夏の陣で討ち死にしたという。狒狒 (ひひ) 退治や山賊退治、天橋立の仇討ちなどで知られる。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉