• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

志村喬の解説 - 小学館 大辞泉

[1905~1982]俳優。兵庫の生まれ。本名、島崎捷爾 (しょうじ) 。舞台俳優を経て映画俳優となり、「浪華悲歌 (なにわエレジー) 」「赤西蠣太 (あかにしかきた) 」「鴛鴦 (おしどり) 歌合戦」などに出演。また黒沢明監督作品の多くに出演し、「生きる」「七人の侍」などで主演をつとめた。他の出演作に「ゴジラ」「男はつらいよ」など。

志村喬の解説 - SOCKETS人物データベース

兵庫県出身の俳優。1934年に新興キネマ京都撮影所に入社し、『恋愛街一丁目』で映画デビュー。黒澤明監督の第1回監督作品『姿三四郎』を始めとする黒澤作品を中心に出演、また『ゴジラ』など特撮映画にも出演した。48年の『醉いどれ天使』では主役級の役に抜擢されている。
出生地
兵庫県朝来郡(現・朝来市)
生年月日
1905年3月12日 うお座
没年月日
1982年2月11日(享年76歳)
別表記
島崎捷爾 しまざき・しょうじ

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉