• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

志水辰夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1936~ ]小説家。高知の生まれ。本名、川村光暁 (みつあき) 。公務員やフリーライター、編集者などを経て、40歳を前に作家へ転身。「飢えて狼」でデビュー。「背いて故郷」で日本推理作家協会賞受賞。他に「裂けて海峡」「帰りなん、いざ」「きのうの空」など。

志水辰夫の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
高知県
生年月日
1936年12月17日(84歳) いて座
別表記
川村光暁

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉