• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

恒良親王の解説 - 小学館 大辞泉

[1324~1338]後醍醐天皇の第6皇子。名は「つねよし」とも。建武元年(1334)皇太子となり、建武政府が崩壊して同3年新田義貞らとともに越前金ヶ崎城に拠ったが斯波 (しば) 氏らとの戦いに敗れ、京都で毒殺されたという。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉