• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

手島堵庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1718~1786]江戸中期の心学者。京都の人。名は信。通称、近江屋嘉左衛門。石田梅岩に学び、時習社・明倫舎などを設立して心学の普及に努めた。著「坐談随筆」「知心弁疑」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉