• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

星新一の解説 - 小学館 大辞泉

[1926~1997]小説家・SF作家。東京の生まれ。本名、親一。ショートショートの名手として知られ、1000編を超える作品を発表。「ボッコちゃん」を収録した「人造美人」や、「未来いそっぷ」「妄想銀行」「ノックの音が」など多くの短編集を残す。他に長編「夢魔の標的」、父を描いた伝記「人民は弱し官吏は強し」など。

星新一の解説 - SOCKETS人物データベース

ショートショートの神様と呼ばれたSF作家。
出生地
東京府東京市本郷区曙町(現・東京都文京区本駒込)
生年月日
1926年9月6日 おとめ座
没年月日
1997年12月30日(享年71歳)
血液型
O型