• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

松本清張の解説 - 小学館 大辞泉

[1909~1992]小説家。福岡の生まれ。本名、清張 (きよはる) 。犯罪の動機を重視し、背後にある現代社会の仕組みを描き出した推理小説「点と線」「ゼロの焦点」などで、社会派推理小説という新分野を開拓。時代小説・ノンフィクション・古代史論考などの分野でも活躍。他に「日本の黒い霧」「砂の器」など多数。

松本清張の解説 - SOCKETS人物データベース

「点と線」「ゼロの焦点」「砂の器」などの著書で知られる小説家。
出生地
福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市小倉北区)
生年月日
1909年12月21日 いて座
没年月日
1992年8月4日(享年82歳)
別表記
まつもと・きよはる

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:gooニュース