• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

林子平の解説 - 小学館 大辞泉

[1738~1793]江戸中期の経世家。江戸の人。名は友直。大槻玄沢宇田川玄随らと交遊。海外事情に通じ、蝦夷 (えぞ) 地開拓の必要性を説いたが、「三国通覧図説」「海国兵談」などが幕府の忌諱 (きき) に触れ、蟄居 (ちっきょ) を命ぜられた。寛政の三奇人の一人。