• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

林真理子の解説 - 小学館 大辞泉

[1954~ ]小説家・エッセイスト。山梨の生まれ。コピーライターを経て、現代女性の心理に焦点を当てたエッセーで人気を得る。小説では官能的な恋愛ものを多く手がける。「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞受賞。他に「星影のステラ」「不機嫌な果実」、エッセー集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」など。

林真理子の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の小説家、エッセイスト。1986年に『最終便に間に合えば』『京都まで』で第94回直木賞を受賞。
出生地
山梨県山梨市
生年月日
1954年4月1日(67歳) おひつじ座
別表記
東郷 眞理子

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:gooニュース