• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

林述斎の解説 - 小学館 大辞泉

[1768~1841]江戸後期の儒学者。名は衡 (たいら) 。字 (あざな) は徳詮。号、蕉軒。美濃岩村藩主松平乗蘊の子。幕府の命により、血統の絶えた林家を相続し、林家中興の祖と称される。幕府教学行政に尽力した。「徳川実紀」を編纂。著「蕉軒雑録」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉