• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桂川甫周の解説 - 小学館 大辞泉

[1751~1809]江戸後期の蘭医。桂川家4代目。名は国瑞 (くにあきら) 。号、月池。杉田玄白らと「解体新書」を翻訳。編著「魯西亜志」「北槎聞略 (ほくさぶんりゃく) 」など。
[1826~1881]江戸後期の蘭医。桂川家7代目。名は国興 (くにおき) 。「ドゥーフハルマ和蘭字彙 (オランダじい) )」を出版。