梶原景時の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1200]鎌倉前期の武将。通称、平三。石橋山の合戦源頼朝を救い、のち、侍所 (さむらいどころ) 所司となった。頼朝死後、幕府に背いて討伐を受け、一族とともに戦死。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉