• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

植村文楽軒の解説 - 小学館 大辞泉

人形浄瑠璃文楽座座元。

(初世)[1751~1810]江戸時代後期の人。大坂に人形浄瑠璃座「高津 (こうづ) 新地の席」を創設、文楽座の基礎を築いた。
(4世)[1813~1887]江戸後期から明治の人。文楽中興の祖。本名、正井大蔵。通称、文楽翁。大阪松島新地に文楽座を名乗って興行、文楽の全盛時代を導いた。

植村文楽軒の解説 - SOCKETS人物データベース

実業家
出生地
兵庫県淡路市仮屋(淡路島)
生年月日
1751年
没年月日
1810年8月8日(享年59歳)
別表記
正井与兵衛

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉