• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江国香織の解説 - 小学館 大辞泉

[1964~ ]小説家・児童文学作家。東京の生まれ。童話作家として評価された後、詩的でみずみずしい作風の恋愛小説で若い女性の支持を得る。「号泣する準備はできていた」で直木賞受賞。他に「こうばしい日々」「きらきらひかる」「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」など。