• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

洞院公賢の解説 - 小学館 大辞泉

[1291~1360]南北朝時代の公卿。有職故実に明るく、南北両朝から信任され、左大臣・太政大臣に任じられた。「拾芥抄」「歴代最要抄」などの編著のほか日記「園太暦 (えんたいりゃく) 」がある。中園入道相国。