• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

烏亭焉馬の解説 - 小学館 大辞泉

[1743~1822]江戸後期の戯作者。江戸の人。本名、中村利貞。字 (あざな) は英祝。通称、和泉屋和助。別号、立川焉馬・談洲楼など。歌舞伎通であり、また落語を自作自演し、落語中興の祖とよばれる。興行記録「花江都 (はなのえど) 歌舞伎年代記」、洒落本「客者評判記」、義太夫節「碁太平記白石噺」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉