• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石光真清の解説 - 小学館 大辞泉

[1868~1942]陸軍軍人。熊本の生まれ。日清戦争後からシベリア出兵の時期にシベリア満州で諜報活動に従事。自伝「城下の人」「曠野の花」「望郷の歌」「誰のために」の四部作は、子の真人によってまとめられ、毎日出版文化賞を受賞。

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉