竹越与三郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1865~1950]政治家・歴史家。埼玉の生まれ。号、三叉 (さんさ) 。「国民新聞」などの記者として活躍。雑誌「世界之日本」主筆。政友会代議士・枢密顧問官などを歴任。著「新日本史」「日本経済史」「二千五百年史」など。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉