• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

芸阿弥の解説 - 小学館 大辞泉

[1431~1485]室町中期の画家。真芸とも称した。号、学叟。足利義政の同朋衆で、水墨画にすぐれ、父の能阿弥、子の相阿弥とともに三阿弥とよばれる。連歌もよくした。作「観瀑僧図」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉