• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

荻生徂徠の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1666〜1728]江戸中期の儒学者。江戸の人。名は双松 (なべまつ) 。字 (あざな) は茂卿 (しげのり) 。別号蘐園 (けんえん) 。また、物部氏の出であることから、中国風に物 (ぶつ) 徂徠自称朱子学を経て古文辞学を唱え、門下から太宰春台服部南郭らが出た。著「弁道」「蘐園随筆」「政談」「南留別志 (なるべし) 」など。

[日本史]の言葉

[江戸時代の人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。