荻野吟子の解説 - 小学館 大辞泉

[1851~1913]医師・婦人運動家。武蔵の生まれ。明治18年(1885)医術開業試験に合格、近代日本の最初の女性医師となる。日本キリスト教婦人矯風 (きょうふう) 会風俗部長、大日本婦人衛生会幹事など社会運動にも従事した。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉