• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蔵原惟繕の解説 - 小学館 大辞泉

[1927~2002]映画監督。旧サラワク王国(現マレーシア)の生まれ。石原裕次郎主演「俺は待ってるぜ」で監督デビュー。昭和基地に残された2頭の犬の実話に基づいて映画化した「南極物語」は空前の大ヒット作となった。他に「銀座の恋の物語」「執炎」「青春の門」など。

蔵原惟繕の解説 - SOCKETS人物データベース

ボルネオ島で育ち、太平洋戦争を機に帰国。松竹を経て1954年に日活入り。57年に石原裕次郎主演映画『俺は待ってるぜ』で監督デビュー。ダイナミックなカメラワークで日活アクションの全盛期を支えた。代表作は映画『栄光への5000キロ』(69年)、『キタキツネ物語』(78年)、『南極物語』(83年)ほか多数。
出生地
サラワク王国クチン市(現・マレーシア・サラワク州クチン)
生年月日
1927年5月31日 ふたご座
没年月日
2002年12月28日(享年75歳)

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉