• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤田嗣治の解説 - 小学館 大辞泉

[1886~1968]洋画家。東京の生まれ。渡仏し、エコール‐ド‐パリの一員として名をなした。乳白色の地に面相筆で線描する独自の画風で知られる。第二次大戦後、フランスに帰化。のち、カトリックの洗礼を受け、レオナール=フジタと称した。

藤田嗣治の解説 - SOCKETS人物データベース

「レオナール・フジタ」の名でパリでも知られた大正〜昭和の日本人画家。猫と女を得意とし、独特の乳白色の肌の画風はエコール・ド・パリ派の代表作とされた。
生年月日
1886年11月27日 いて座
没年月日
1968年1月29日(享年81歳)
別表記
Léonard Foujita れおなーる・ふじた FouFou FOUJITA

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉