• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蘇曼殊の解説 - 小学館 大辞泉

[1884~1918]中国、清末・民国初期の詩人・文学者。横浜に生まれ、母は日本人。名は玄瑛 (げんえい) 、字 (あざな) は子穀。曼殊は僧号。革命運動に参加。辛亥 (しんがい) 革命後は幻想的作風を示した。自伝的小説「断鴻零雁記 (だんこうれいがんき) 」。スー=マンチュー。