• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

谷文晁の解説 - 小学館 大辞泉

[1763~1841]江戸後期の画家。江戸の人。名は正安。通称、文五郎。別号、写山楼・画学斎など。広く和漢洋の画法を学び、独自の南画で一家をなした。また、松平定信の愛顧を受けて西洋画の遠近法陰影法を取り入れた「公余探勝図巻」を描いたほか、「集古十種 (しゅうこじっしゅ) 」の挿絵も担当。