• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

道鏡の解説 - 小学館 大辞泉

[?~772]奈良時代の法相 (ほっそう) 宗の僧。河内 (かわち) の人。弓削 (ゆげ) 氏出身。称徳天皇に信任されて政界に進出。太政大臣禅師・法王となり、権力をふるったが、皇位をねらって藤原氏および和気清麻呂 (わけのきよまろ) らに阻止された。天皇の死後、下野 (しもつけ) 薬師寺別当に左遷され、その地で没。