• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和気清麻呂の解説 - 小学館 大辞泉

[733~799]奈良末期・平安初期の公卿。備前の人。道鏡が皇位に就こうと企てたとき、宇佐八幡の神託によりこれを阻止して怒りを買い、大隅 (おおすみ) に配流。道鏡の失脚後、光仁桓武天皇に仕え、平安遷都に尽力した。