• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野間宏の解説 - 小学館 大辞泉

[1915~1991]小説家。兵庫の生まれ。戦時下の青春と一青年の自己完成への模索を描いた「暗い絵」で戦後派として認められ、以後、旺盛な筆力で問題作を発表。また、文学の国際交流にも尽力。作「真空地帯」「青年の環」など。

野間宏の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
兵庫県神戸市長田区
生年月日
1915年2月23日 うお座
没年月日
1991年1月2日(享年75歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉