金大中の解説 - 小学館 大辞泉

[1924~2009]韓国の第15代大統領。全羅南道出身。野党政治家として朴正熙大統領と対立し、1973年東京で韓国情報機関に拉致される(金大中事件)。1980年には同氏の逮捕をきっかけに起きた民主化運動(光州事件)で内乱陰謀罪などに問われ死刑判決。後に減刑されるも米国への亡命を余儀なくされ、帰国後は自宅軟禁生活を強いられた。1998年に4度目の挑戦で大統領に就任、経済再建などに取り組んだ。北朝鮮に対して融和的外交(太陽政策)を提唱。2000年北朝鮮を訪問し、金正日総書記と初の南北首脳会談を実現。ノーベル平和賞を受賞した。また、1998年に小渕恵三首相と日韓共同宣言を発表し、韓国での日本文化開放を推し進めた。2003年に任期満了で大統領を退任。2009年8月に多臓器不全で死去。きんだいちゅう。→ノムヒョン

[補説]戸籍に記載されている生年月日は1925年12月3日であるが、同氏は著書などで1924年1月26日が実際の生年月日であるとしている。

金大中の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
韓国
生年月日
1925年12月3日 いて座
没年月日
2009年8月18日(享年83歳)
別表記
김대중 忍冬草

出典:gooニュース