• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鈴木重胤の解説 - 小学館 大辞泉

[1812~1863]江戸末期の国学者。淡路の人。号、橿廼家 (かしのや) 。大国隆正に学ぶ。平田篤胤 (ひらたあつたね) 没後の門人。諸国を遊歴して神道を説き、江戸で暗殺された。著「延喜式祝詞講義」「日本書紀伝」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉