鈴木貫太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1868~1948]軍人・政治家。大阪の生まれ。連合艦隊司令長官・枢密顧問官などを歴任。侍従長の時に二・二六事件にあい、重傷を負った。第二次大戦末期に首相としてポツダム宣言を受諾した。

鈴木貫太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
大阪府堺市
生年月日
1868年1月18日 やぎ座
没年月日
1948年4月17日(享年80歳)

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉