• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鐘巻自斎の解説 - 小学館 大辞泉

江戸初期の剣客。遠江 (とおとうみ) の人。名は通家。富田 (とだ) 勢源に学び、富田流三家の一人。その流儀は鐘巻流とよばれる。弟子に伊藤一刀斎景久がいる。生没年未詳。